スポーツ指導者の可能性とは?

スポーツ指導者の可能性拡張とプレゼンス向上

 

◇ スポーツ指導者がグッドコーチになる日

 

スポーツ指導者の悩みは個々に違うと思いますが、それと同じくらい周囲(選手や関係者)からの期待や託された責任も様々のはずです。

従来の技術指導、命令的指導、カリスマ指導では限界がきている昨今、スポーツ庁が推進する『グッドコーチ育成』は時流であると同時に、スポーツ界の未来のみならず、社会や世界へ羽ばたいていく一人ひとりの人生を左右する、ビッグな役割と使命を備えていると言っても過言ではないようです。

「スポーツ指導者がグッドコーチになる日」は、間違いなく近付いています。

そのための準備(心構え)と実行(経験)を効果的なものにするために、その可能性を引き上げるサポートになればと考えています。

 

例えば・・・このような指導者へ。

・スポーツ指導の幅を広げたい

・画一的指導と多様的指導の併用を可能にしたい

・選手の個性やタイプ別の指導をしたい

・感情的にではなく、論理的な接し方のできる指導をしたい

・インテリジェンスを持ち合わせたコーチングをしたい

・情熱と愛情を持った指導者になりたい

 

その他・・・次のような悩みをお持ちの指導者へ。

・自ら考えて判断する選手にするにはどうすればいいのか?

・チームの信頼感や一体感を築くにはどんな声をかければいいのか?

・選手に信頼される指導者になるためには、どんなプレゼンスが必要か?

・試合前の緊張感をエネルギーに変えるには?

・効果的な練習の為に、どんなマネージメントが必要か?

・選手にとって効果的な目標設定とは?

・スポーツを通じて本当に優秀な人材を育てるとはどういうことか?

・協力や協賛や支援を最大化させる交渉術とは?

・子どもの力を伸ばす親の関わり方とは?

・選手の個性と強味を発揮させるためには、どんな指導をすればいいのか?

・選手を活かす言葉と、選手をダメにする言葉とは?

などなど。

 

選手に「考えさせる」ために>>

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*